餃子 お取り寄せ 通信販売

堀久餃子本舗
堀久餃子本舗 HOME > 堀久餃子の美味しさのヒミツ
堀久餃子ショッピング
  • 堀久餃子について
  • おいしい調理法
ホームページ制作 沖縄

堀久餃子の美味しさのヒミツ

パンチの効いた餃子をお探しの方は他の餃子をお買い求め下さい!

豚肉

まずは豚肉、現在では日本各地にもの作りにこだわりを持った生産者さんが沢山おられ色々な美味しい豚肉があります。
全国から取り寄せ試行錯誤の毎日、しかし意外にも美味しい豚肉はすぐ近くにあったのです。
今では滋賀県を代表する豚肉として有名なバームクーヘン豚(藏尾ポーク)、初めて口にした時の衝撃は今でもはっきり覚えています。
「これは違う」「肉の旨み脂身の甘み」この豚肉を使って餃子を作れば絶対に美味しいに違いないと思い、気が付けば直接豚舎に行き、無我夢中で自分の餃子に対する熱い思いを生産者さんに熱く語っていました。
その甲斐あって美味しい豚肉を提供して頂けるようになりました。

滋賀県日野町の豊かな自然のもと、某有名洋菓子店のバームクーヘンを食べて育った極上ランクの藏尾ポークは牛肉にひけをとらない見事なサシ(霜降り)が特徴で凝縮した甘みと旨みが最高です。

ストレスを与えない、伸びやかな環境や常に清潔に保たれた豚舎。
豚肉の品種選びから飼料の配合の仕方まで豚たちへの絶え間ない配慮が徹底されています。
豚肉の品質もさる事ながら社長さんをはじめ、ご家族そして従業員さんのお人柄や美味しい豚肉作りへのこだわりに惚れ込んで当店の餃子に使わせて頂く事になりました。
そんな極上の豚肉を100%使用した餃子だからこそ、程良い甘みとコクを出すことができ、タレをつけるのも忘れるくらい、旨みたっぷりな美味しさになるのです。
極上の豚肉を使用した極上の餃子を是非一度ご賞味下さい。

藏尾ポークの豚農場

バームクーヘンを食べて育つ豚たち

藏尾夫妻

キャベツ

次も餃子の味を大きく左右する存在のキャベツ
そのキャベツに至っては私が口にした時から餃子に使用出来るまで地元のキャベツながら何と3年もの月日がかかりました。
個人には販売出来ないという理由でしたが、口にした時のキャベツの甘みを思うと絶対に使いたい!その思いだけでお願いし続けました。
思いが伝わり今ではその貴重なキャベツが採れる冬場だけですが、野菜を知り尽くした生産者の方から仕入れています。

にんにく

そして餃子にかかせないにんにく
豚肉や野菜の旨みを邪魔せず風味豊かでありながら次の日に匂いが残りにくい品種(青森県産)を独特のカットで入れています。
キャベツだけに限らず、自然の恵みには産地や季節、気候により味にも違いがあります。
その為日々記録を残し常に最高の味を求め市場でその時の最高のものを選んでいます。

調味料

しかし全てが良質のものを使ったからといって美味しい餃子が出来るとは限りません。
シンプルに食べて美味しいものほど難しいものはありません。餃子は数種類の食材が合わさって完成するものです。それらを上手くまとめる調味料も大切です。
前にも書きましたが時期によって違う野菜の水分や甘みを知ったうえで、配合を変えたりし全部をまとめ上げるのです。

皮

も餡とのバランスを考えてミリ単位、グラム単位で色々と試した結果、パリッと焼けてもっちりとして美味しい現在の皮になりました。
これは当店のオリジナルで餃子の皮の専門業者さんに作ってもらっています。
このようにして全てこだわって作り続けている当店の餃子は素材を生かした味であっさりとして食べやすく、どんな料理にも良く合います。

と言う事で人生経験豊かで本物を知っておられるシニア世代や、味に正直な子供達に支持されここまでやってこられました。

場所や名前だけでなく、無名ながら味で選ばれたという事を本当に誇りに思っております。また、餃子が食べられなかった子供さんが当店の餃子なら食べられるとの声を何度となく聞きます。
本当に嬉しく、気持ちが引き締まる思いです。
その声に応える為にも「より美味しく」を求めて餃子を作っています。更に、今が最高ではない、色々な角度、視点から見てもっと美味しく出来るという思いを持って餃子と向き合っています。
委託製造やオートメーションによる大量生産の話も頂きますがやはり目の届く範囲内で今後も小さいながらもこだわりを持って手作りしていきたいと思っております。

水曜日のみ営業の、おもちかえりお専門店のあの餃子を全国のご家庭にて召し上がれます!!!
PAGETOP
Copyright (C) Horikyu All Rights Reserved